渡辺皮膚科クリニックは、横浜市中区にあり、開業29周年を迎えた皮膚科医院です。
地域の皆様と密着した医療を目指し、病院での診療以外にも往診も承っております。ご来院頂けない、寝たきりの患者様の褥瘡(とこずれ)防止・治療など、地域に根ざした活動が好評を頂いております。

2018/8/7
  • 診療時間変更のお知らせ
    8月13日(月)- 8月17日(金)の期間は休診とさせていただきます。
    8月21日(火) 午前の診療は通常通り、午後は16:00~18:00とさせて頂きます。

    受付は終了15分前までにお願いいたします。
    ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。
  • <フットケア・スキンケア担当者よりお知らせ>:
    第9回 スキンケアセミナーは終了いたしました。
    次回のご参加をお待ちしております。

  • ホームページをリニューアルしました
  • 院長より:
    暑さ指数ってなに?

    今年の暑さは、日本人がこれまで未経験のレベルだそうです。
    毎日暑くてつらいですね。
    熱中症になってしまった患者さんが次々と搬送される事態に、 日本救急医学会熱中症に関する委員会でも、つぎのような緊急提言を発表しました。

    <四つの提言>

    ① 暑さ指数を意識した生活を心がけ、運動や作業中止の適切な判断を!

    ② 水分をこまめに取ること。おかしいなと思ったらすぐ涼しい場所に誘導を!

    ③ 適切な重症度判断と応急処置を。 見守りつつ改善がなければすぐに医療機関へ!

    ④ 周囲にいるものどうしがお互いに注意しあう!

    暑さ指数はWBGT と言い;Wet-Bulb Globe Temperature(湿球黒球温度)の略称です。熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案されました。単位は気温と同じ摂氏(℃)が使われ、湿度・熱環境(日射・輻射)・気温の3つを総合して専用の機器を使用し測定されています。

    環境省熱中症予防情報サイトより(http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php

    熱中症予防

    *熱中症の初期症状であるめまいや立ちくらみなどの基本的な対処法が気象庁のサイトで説明されています。

    ① まずは、意識がはっきりしているかを確認しましょう。

    ② 意識が朦朧としているようであれば、迷わず医療機関へ。

    ③ 意識がはっきりしている場合は、次のような対処法を行いましょう。

    熱中症予防

    熱中症ゼロへより:https://www.netsuzero.jp/learning/le01/case01-01

  • テレビ神奈川に渡辺院長が出演しました
    帯状疱疹とヘルペスについてご説明をしました。
CLINIC INFO
  • 地域に根ざした医療を目指し、地元の皆様に安心して御利用いただけるクリニック作りに励んでおります。
    →渡辺皮膚科クリニック紹介へ
  • 皮膚科の一般診療の他に、往診も積極的に行っております。
    寝たきりの患者様の褥瘡ケアに力を入れています。
    →皮膚科の診療へ
  • お越しになるには、JR根岸線「根岸」駅からバスを御利用下さい。
    →診療時間・地図へ

【当院の患者様の声を紹介します】

Powered by 口コミ病院検索QLife
外観

渡辺皮膚科クリニック

〒231-0827 神奈川県横浜市中区本牧和田12-22-1F
電話:045-622-2333
携帯サイトQRコード
ドクターズファイル

  • 特大
  • 大
  • 標準